インクルーズの口コミってどう?効果なし!?真実はいかに!

まとめ

豪華客船で優雅な旅、クルージングをするというのは夢だといわれていました。
クルージングによる旅行に行くことができるのは時間とお金がある富裕層だといわれていました。
しかし、このクルージングの「高額」「富裕層向け」というイメージを払拭するのが、完全会員制のクラブ運営を行っているインクルーズ・インターナショナルです。

インクルーズは旅費を抑えて、あるいは無料で、または収入を得ながら、これまで高額だったクルージングの旅行を実現させるというビジネスを展開しています。
クルージングの旅行をより身近なものにすることで、これまで関心がなかった層に対して訴求を図っています。

インクルーズの本社はプエルトリコにあり、米国のカリフォルニア州、フロリダ州、ワシントン州、アイオワ州、ハワイ州においても登録を受けた旅行会社です。
2019年に日本への進出、そしてビジネス展開がスタートしています。

インクルーズはどんな会社?

インクルーズはクルージングの旅に特化した、完全招待制の旅行会員クラブを運営している会社です。
本社はプエルトリコにあります。

「Speaking Mastery」「Stop It!」「Profiles in Persistence」といったベストセラーを持つ作家のマイケル・ハッチンソン氏、スペインやアイルランド、英国のシティソリューションファイナンシャル有限会社を創設したことで知られるフランク・コディナ氏という二人によって、インクルーズが設立されたのは2015年のことです。

インクルーズはクルーズ船関連の業界における世界的な団体「クルーズライン国際協会(CLIA=Cruise Lines International Association)」の会員企業となっています。
また、インクルーズはディズニークルーズをはじめとする世界中の大手クルーズ会社と提携しているので、会員になれば、グローバルなクルージングの旅を予約することが可能です。

インクルーズの会員システム

インクルーズは完全会員制組織を運営しています。
運営システムによって、会員資格はメンバー会員とパートナー会員に分けることができます。
インクルーズには世界約170以上の国から、15万人以上のメンバー会員、4万人以上のパートナー会員が参加しています。

現在、インクルーズのメンバー会員には世界各地の5,500以上のクルーズプランを、また、インクルーズで活躍しているパートナー会員にはインセンティブクルーズが提供されています。

インクルーズの会員は大きく3つに分かれるようです。
まず、「メンバー」ですが、この資格は格安でクルージングの旅を楽しみたい人向けです。初回登録費は必要なく、毎月100米ドルの会費を支払います。

この会費100米ドルはインクルーズ内でその倍の価値、200クルーズドルとして利用できます。
つまり、1年間、会費として1,200米ドル支払うことで2,400米ドル分利用できるクルーズドルを貯めることができるという訳です。

また、「パートナー」はビジネス初回登録費として100米ドル、年会費として95米ドルを支払います。
「パートナー」は紹介で会員を増やし、報酬を得ることが可能ですが、メンバー会員と異なり、インクルーズ内でインクルーズドルを受け取ることはできません。

「メンバー+パートナー」という会員資格は初回登録費として100米ドル、年会費として95米ドル、月会費として100ドル支払います。
100米ドルの月会費で毎月200クルーズドルを受け取ることができるのは通常のメンバー会員と同じなのです。
しかし、この資格ではそれに加えて、紹介者の紹介者の人数に応じた報酬がもらえるほか、メンバー資格の月会費免除制度が適用されます。
5人紹介すると月会費100米ドルは免除になるのですが、それでも毎月200クルーズドルが積み立てられます。

インクルーズで稼げる?

クルージングの旅の販売をビジネスとしてとらえている会員もいます。
自分が格安でクルージングの旅に参加することを目的とするか、クルージングの旅ができる会員を紹介することで得られる報酬を目的とするか、どちらに重きを置くかは参加者の判断になります。

報酬が目的で参加するという人も少なくありません。
インクルーズにはいくつかの報酬プランがあります。
その一つが「デイリー・インスタント・ペイ・ボーナス」と呼ばれるものです。

会員を直接紹介した場合、報酬が支払われます。「デイリー・レジデュエル・インカム」というもので、ある程度のグループを作れば定期的に報酬が支払われるシステムです。
このほか「マンスリー・リーダーシップ・ボーナス」や「マンスリー・ワールドワイド・マーケット・ボーナス」などの報酬を得られるシステムがあるということです。

インクルーズは怪しいかも・・・

インクルーズの会員にはクルーズ船を使った旅のための旅行業者としてインクルーズを利用している人もいれば、個人事業主としてビジネスでインクルーズの会員制サービスを販売している人もいます。
ビジネスとしてのインクルーズはネットワークビジネスのビジネスモデルになっています。
本社がプエルトリコという海外にある上、日本に入ってきたばかりということもあって、知名度は低く、「インクルーズは怪しいかも」、という声があるようです。

しかし、ディズニーのクルーズ会社、ディズニークルーズや、世界最大のクルーズ会社グループ、カーニバルコーポレーションのカーニバル・クルーズ・ライン、クルーズ会社大手ロイヤルカリビアンクルーズリミテッドのアザマラ・クラブ・クルーズ、世界中のクルーズ愛好者から高い評価を受けるオーシャニアクルーズなどと業務提携をしていますし、アメリカのカリフォルニア州やフロリダ州などの登録旅行業者になっているので怪しいということはないでしょう。

インクルーズでトラブル?

インクルーズでトラブルが発生していれば、大手のクルーズ会社は提携しないでしょうし、アメリカの登録旅行業者は取り消されるはずです。
また国際的クルーズ会社の団体組織、CLIAからも除名されているはずです。
しかし、2015年に設立されて以来、業者資格は取り消されていませんし、CLIA会員から除名もされていません。
トラブルは発生していないと思われます。

インクルーズでどんな人がビジネスを?

欧米で多くの人が会員として参加して、インクルーズのビジネスに取り組んでいます。そのほとんどが未経験者のようです。
例えばスペインのバレンシアで学生宿泊事業を営んでいた方やウクライナで教師をされていた方、やはりウクライナで経済学者だった方など、これまでの経歴や経験、バックグラウンドはさまざまです。
日本から参加している方が数名、インクルーズのホームページで紹介されています。

インクルーズの口コミ・評判

インクルーズは2019年、日本でのビジネスをスタートしました。
まだ口コミは書かれていないようです。そこで公開されている海外会員の口コミを見ました。

・インクルーズの口コミ1

子供たちや孫たちと一緒に家族で過ごすクルーズ旅行…。なんと素晴らしい夢のバケーションでしょう!絶対に行きたいと強く思いました!すぐにinCruisesに登録しましたが、ビジネスではなく、旅行に行くためです。登録せずにはいられませんでした。inCruisesは夢のような会社であり、運命の会社でした!

https://www.incruises.com/blog/152/JA_Success_Story_of_Diana_Borshchenko_BoD_from_Ukraine

・ インクルーズの口コミ2

私の目標や夢は、いつも活力となり、決断を促してくれます。inCruisesの会社のミッションに感銘を受け、環境にやさしく、とてもフレンドリーな社風や、ついていくべき存在のマイケル・ハッチソン氏とフランク・コディナ氏の2人の創設者は、心を動かされました!

https://www.incruises.com/blog/187/JA_Success_Story_of_Natalia_Shevela

・ インクルーズの口コミ3

パンデミックが起こる前に訪れた最後の国は、ペルーでした。現在に至るまで、11回のクルーズ旅行に出かけ、一番楽しかった旅行は、14泊で中国、韓国、日本を旅するクルーズ旅行でした。私の友人でもあり、デジタルビジネスを一緒にしているジョナサン・ディアズがinCruisesを紹介してくれました。

https://www.incruises.com/blog/214/JA_Success_Story_of_Jorge_Torres

インクルーズの基本情報

会社名 インクルーズ(INCRUISES INTERNATIONAL, LLC)

URL https://www.incruises.com/

所在地 St. 1- Lot #3, Suite 500 (Metro Office Park 3) Guaynabo, Puerto Rico 00968-1705

代表者 マイケル・ハッチンソン

事業内容 旅行業